FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彼氏以外2~上司との過ち~

クリスマスはゆっちと浮気!

なんつーシュールなCDが発売されると聞いて
狂喜乱舞したのは私です。


そして、第一作の石田さんのを聞いて
これは脚本期待できる!と
狂喜乱舞乱舞乱舞したのも私です。


真壁光 遊佐浩二


みんなもしーたーくーせにぃーー!\(≧▽≦)/


“私”はどうも派遣社員らしいのですけど、
「これで何度目だ?」
と言われるほど、データをぶっ飛ばすバカタレ社員みたいです(笑)
っておい!

そんな夜。(どんな夜だ)
“私”は、浮気相手の真壁光の家に来ていました。
「部長って呼ぶな。自宅で仕事の話はしたくない。」
ほうほう。

「そこがお前のいいところだ。
 必要以上に深入りせず快楽と心の隙間を埋めるだけの関係。」


ほーぅほうほう。
いわゆる、割り切った関係 というやつなのね。

この二人、浮気の関係だからなのか、
会話がかなり即物的(笑)
ムードもへったくれもあったもんじゃない。
「ほぅら、脱げ」とか(笑)
そんな誘い方いやぁぁぁあああ!(ノд<。)゜。

一緒に風呂に入ったら入ったで
「なんだ?裸なのに触れられないのが不満か?
 ふっ、
後でじっくり触ってやるよ」 
とか!!
いつにない設定で、台詞自体には
ゆっちの声でこういう言葉を聞くって言うのは
もうたまらん萌えるんだけども!

このお風呂のシーンはそんな長くないけど
なかなかオススメです(笑)
真壁が“私”の髪の毛をシャンプーしてくれたり
一緒に湯船に浸かって
「ちょっと、こっち向け。んっ・・・ちゅ・・ん・・・
 ・・・ああ、シたくなった。・・・悪いか?ちゅ・・・ちぅ・・・
 ああ?何もない。ちょっと疲れてるだけだ。余計なこと言うな。
 ん・・・ち、ゅ・・・ちぅ・・・・ん・・・んんっ・・・」


・・・キスでフェードアウトかーーーい!\(≧▽≦)/
斬新!
ゆっちのSE + お風呂エコー 
       =たまえろーーーい!\(≧▽≦)/

あ、たまえろいっていうのは
たまらんエロい!ってことね!'`ァ,、ァ(*´Д`*)'`ァ,、ァ

ああ、この顔文字使うの久しぶりだ・・・。゚(゚´Д`゚)゚。


割り切った関係のはずの二人ですが
“私”が本命の彼氏をほっぽらかして真壁と会っていて
“私”の心境の変化なのか、真壁の心境の変化なのか
二人の気持ちが少しずつ変わっていきます。

ある日、真壁の部屋に行った“私”は
真壁に他に女がいるんじゃないかと詮索するのですが
お前には関係ない、嫌なら二度とここへこなければいいと
まぁニベもない(笑)
しかしここで“私”はとんでmない一言を!(笑)
「愛す可し、と書いて“可愛い”・・・ねぇ。」ぎゃーー!\(◎o◎)/!
それは、その台詞は今ヶ瀬のものなのにーーー!
いやビックリした。
この脚本家の人、俎上聞かはったんかなぁ。
まさかここでこの言葉を聞くとは思わなかったわ。

「好きだとか愛してるとか、そんな簡単に言うほど
 この世に愛は溢れてるのか?
 俺にはそう言えば女が喜ぶってだけの常套句にしか聞こえんのだが?」

うーん。浮気という関係でこんな話する“私”も“私”だけど、
その返事がこれっていうのも・・・・。


ある日、会社に真壁から連絡があって書類を届けろと言われます。
しかし、電話の途中で
真壁は誰かにあったらしく、しかもどうも殴られたみたい?
なになになにー!このとんでも展開は一体どうしたことー!\(◎o◎)/!

次の場面は病院。
個人的な問題だから警察には届けないで自分で解決する。

こちらはさっぱり訳がわかんないんだけど
話は容赦なく次の場面へ。

仕事で(多分)取引先がおじゃんになり
雨の公園でやさぐれる真壁。
「ぐすっ・・・ぐすっ・・・」
な、泣いてるー?!\(◎o◎)/!
今まで一度もこういう事態を招いたことなかったらしいんだけど・・・
それにしても・・・と思ってると。
「今までずっと一人でやってきた。
 アイツが俺を捨てたのに!
 なのになんで今頃現れて・・・っ!」


このゆっちの泣き演技はそりゃあもう素晴らしいのですが
話 が 見 え な い ん で す が 。
捨てられたってなんのこと?
仕事で「なかったことに」って言われてショックだったんじゃないの?

「帰りたくないよ・・・」
といつになく弱気な真壁に苛立った私は・・・
「んっ・・・ん・・・
 お前からキスしたの・・・初めてだな。んっ・・・」



ここへきて、仕事もできていつも強気だった真壁が
ぽろぽろと、自分の弱いところを見せ始めます。
「そうだな。お前には彼氏がいて、俺との関係は浮気。
 肉体的に結ばれているだけの都合のいい関係で
 お互いのこと、何も話してなかったな。」

そして
「だいたいなんでお前ここにいるんだ?」
今更というべきか、漸くというべきか。
真壁はここへ来て、二人の関係を見直したくなったのでしょうか。
「お前、俺の何を知ってる?
 (それを)知りたい、と今初めて思った。」
人と深い付き合いを避け続けてきた真壁だったのに。

「なぁ、俺とかかわるのやめた方がいいぞ?
 俺みたいな何のとりえもない男とかかわっても仕方ないだろう?」

そして、真壁は自分のことをいろいろ話し始めます。
今住んでる部屋は、取引先の女社長に買ってもらって
だから自分の部屋ではないこと。

「あんまり甘やかすな。
 その優しさにつけこみたくなる。
 お前・・・・・・。バカな女。・・・ちゅ・・・ん・・・」

これもアレかな?
“私”からのキスだったのかな?
“バカな女”っていう、真壁の声が淋しそうでねぇ(T▽T)


真壁の告白は続きます。
両親の不仲が原因で、
子供の頃、母親から虐待を受けていたこと。
暴言・暴力。そして離婚。
大人になって、自分で働くようになってようやく
その呪縛から逃れられたと思ったのに、
若い男につぎ込んだ母親に金を無心されていたこと。

母親を憎まなきゃいけないってのは・・・しんどいねぇ。


だから、人を、特に女は信用できないんだって。
だから、“浮気”で付き合ってる“私”は都合がよかったんだって。
本気になるのもなられるのも恐いから。

「だから・・・これで終わりにしよう」
すべてを話したからお暇を頂きますとのたまったミタさんのように
真壁は別れを告げます。


が!

「イヤだって、お前・・・
 お前には帰る場所があるだろう。
 他の女と手を切れってっどうやって・・・
 第一、お前の彼氏はどうするんだ?」


んだんだ。
私もそこが気になってた。
生半可な気持ちで付き合っていい相手じゃないと思うのよ。

「・・・確かにずっと俺の家に・・・
 別れたのか?なんでそこまで・・・
 愛してるって、俺の一番嫌いな言葉だぞ?冗談で言ってるのか?」



そしてそしてそして。
翌週土曜日。
二人は部屋を片付けていました。
得意先の女社長からもらった部屋を出て行くために。

クリスマスツリーが一番大きな荷物なんだって!
だけど真壁はすごくすごく嬉しそうだったんだって。
そういうの初めてだったんだって!。゚(゚´Д`゚)゚。


「なぁ、籍入れないか?
 別に急って訳じゃない。
 まだ愛ってもんはよくわからないんだけど・・・
 この“可愛い”女を一生“愛す可し”と思ったんで・・・
 なんていうか・・・きちんとしたい。お前のこと。」


お前が風邪を」ひいたら誰が俺の面倒を見るんだ、
なんて無器用な言葉で、“私”を気遣うようにまでなった真壁。



今まで眉間の皺が取れる暇のなかった真壁部長が
丸くなったと、会社でも評判のようです。






おしまい。





よかったー!\(≧▽≦)/

まず聞き返しが殆どないのがいい。
あ、聞き返しは一度もなかったかな?
この記事にも書いたように、
「愛してる…ねぇ」のように、真壁が確認というか、
そんな感じなのが2,3回ある程度。


だけどそれはつまり、それだけ聞き手側の想像力も試されるわけで
途中の、仕事でうまいこといかなかった時に
公園でうらぶれてた時に、おかんに捨てられた話になった時は
どうしたことー!と思ったけど(笑)
多分あたしの想像力が足りなかったんだと思う。

2度目に聞いた時は、そういうもんだとわかってるから
心置きなく、ゆっちの泣き演技を堪能しました。
あのー、泣きすぎて叫びすぎて喉が引きつる感じとかね
もうたまらんかったですわ。

あと、最初の方と、そして最後のプロポーズするトラックの
声の違いも素晴らしかった。
ゆっちのすごいところはさ、
それがすごく自然で、気が付いたらそんな優しい
甘えるみたいな声と喋りかたになってましたってとこだと思う。


でも、真壁はあれだよね、
もう二度と“私”と離れないね。
愛を信じられなかった郁が、月子と出会って恋をして
ほんとうの恋をして、
それからの甘えっぷりはみんなも記憶に新しいと思うけど
うーん、郁のオトナ版(バージョン荒ぶれ)みたいな感じだったな。
それと、最後のあの甘えた声を聞くと
ああもう二度と離れられないだろうなーって思う。

そして、これトラックリストには12しかないんだけど
実際には13トラックあります。
それであたしはこれがゆっちのトークだ!と思ったんだけど
トークではなく、また別の結果。
このCDの中の“私”は、本命だった彼と別れて真壁を選んだけど
真壁を選らばなかったら・・・って感じ、かな?

第一作のあーさんの時もあったけど
あたしは正直このトラックはなくてもいいと思うので
(だって幸せなまま終わりたいじゃない!)
まぁもう書かないですけど。

それにしても、このCDは当たりだと思う。
あたしが自信を持ってオススメします。

しかし、唯一難点がありまして。

フリートークがない!(ノд<。)゜。


あーさんの時もあったのになんでー!
ゆっちの浮気トークめっちゃ楽しみにしてたのにー!
今から別売りでいいから(いややっぱ別売りはイヤだけど)




作ってよーぅ!。゚(゚´Д`゚)゚。

コメント

だーん♪コメント1番乗り!だだーん♪
ゆみぞうさん、レポ早っwww
私も寝ながら聞いてたんですが、展開が全然読めず気になって気になって。
3時過ぎまで寝落ちせず堪能しました(*^o^*)
『愛すべしと書いて…』の部分は、遊佐ファン全員がハッ(≧∇≦)となった事でしょ~(笑)
それだけにTruck13はガガーン(>_<)
せっかくルンルンしてたのに~
そこはフリートークTruckでいいですよね

しかし、付き合いは長いとはいえ!
とは言えですよっ
半年でプロポーズなんて……ステキっくす♪

No title

レポ拝見しました~
今回はですね、兎にも角にも、鬱陶しい訊き返しが(ほぼ)なかったというのが!
リスナーとして大変喜ばしい脚本でございました。
お風呂のシーンもほどよいフェードアウトで、
シャンプーをするやりとりの会話が際立って素敵だと思いましたし、
揺ぎ無いキスSEの職人芸!!!
唇のしっとり感と吸いつくやらしさの表現ぶりがあああああああああああ!

私も、泣いてるシーンで置いてかれて
(ええ?!何でいきなり泣いてるの?これは真壁の夢の中・・・?)とやや混乱w

相変わらず、素晴らしい泣きですね!!
何ていうかもう恥も外聞もないっていう状態で、
それがまた痛々しくて、でもいとおしくなるといいますか・・・!

遊佐って、愛に飢えてるキャラがはまりすぎです(惚)

久々に遊佐の演技をどっぷり堪能出来る1枚でございましたよ~

愛す可し…

最初と最後のゆっちーの声の件、激しく同意です
そーゆーとこ、本当にゆっちーはすげーなーと思ってました(*´д`*)


そして私も彼から郁を思い出してました

最後めちゃデレデレじゃないですか!


あともちろん愛す可しは今ヶ瀬を…
ほんと脚本家さん…どうなんでしょうね…
最後プロポーズでのこの言葉がまた…



聞き返しがないのもほんと良かった
聞き手の想像力試されますけど、
途中話が見えないー!と思いましたけどw
(でもやっぱりゆっちーの泣き演技は本当にすごい…('-'*))読み進む&リピで大丈夫ですし、このテのCDはほんとこれを見習って聞き返し止めて欲しいですね…


ほんと良かったですね( ´艸`)
今夜は遊佐部長を聴きながら寝よう(*´д`*)

お久しぶりです

私、なんの予備知識もなく、いきなり聴いたんですよ。
ブックレットも読まずに。
とにかく細切れ&とんでも展開についていけなかった。
そしてまさかの「愛す可し・・・」
そのセリフは今ヶ瀬のもの・・・・・・・・・。

ゆっちのせりふ一つ一つはいちいちSでエロくて良かったんだけど
(だから「籍入れないか」のデレが超ツボったんですけど)、
キスSEはもーう、感動の域なんだけど、
もうちょっと脚本に昼ドラ的なドロドロがほしかった、というのが本音です。

No title

毎度お久しぶりでーす!←

13トラックは私もフリトだ!と思ってましたwww
・・・うん、見事にかわされました^^;

なるほど、13トラックはそんな解釈されたんですね´`*
最初はなんだろーって思ったんですけど、一番最初に浮かんだのは
主人公と出会う前かなーと(・∀・)
「これでよかったんだ」ってのがちょっと引っかかりますが
まぁ、そのたびにやっぱり辛かったのね、程度で←
そういう流れで主人公に会えたんだーと思うとなんか救われるので!(かなり自己満

あささま

1番乗りおめでとー!\(≧▽≦)/
・・・って「何も別にイイコトはないですけど(笑)

まぁ正直、話の展開には「ハ!?」と思わなくもないですが(笑)、もうあのうざってぇ聞き返しがないだけでも、素晴らしいと思いますね。そういうストレスが一切なく、ゆっちの演技もすごく堪能できましたし、半年でプロポーズというのも、不自然だとか早いなとかは思わなかったですねー。こないだまで、人の気持ちを信じられなかった真壁ですけど、多分すごく求めてたはずで、それを与えてくれた“私”はすぐにプロポーズするよね、そりゃーwwとか思いましたww

ただ、最後のトラックがアレなのはほんっとに画竜天晴を欠くという気がします。フリートークないのも淋しいけど、最後がアレってのがほんといただけない。

アオイさま

話の展開はほんとにビックリしたけど、でもまぁそれも最初だけでね、ストーリーをわかった上で聞くと、ほんとによかったと思います。聞き返しより、突拍子ない方がまだ耐えられるということですね(笑)

>遊佐って、愛に飢えてるキャラがはまりすぎです(惚)
確かに!!ほんっとに確かにそうですよね!こんなにみんなに愛されてるのに、愛に飢えてるキャラが得意(いや本人がそう思ってるかどうかはともかくw)って、ずるい!\(≧▽≦)/あーんもう大好きー\(≧▽≦)/←うるせぇ

お風呂で頭を洗ってあげる、というシーンも珍しく、お風呂って、入ったらソッコーえっちする展開しか知らない世間知らずには(笑)、たまりませんでしたー。キスSEも、もうなんていうか、【匠の技】になってきましたよね!あたし、結構しょっちゅう聞いてると思うのに、それでも聞く度にドキドキすて心臓止まりそうになる(笑)どうせ、語り系で一枚ずっとゆっちの声を聞いてられるなら、これからもこういうCDにしてほしいですね!!

じゅんみーさま

ねー。ねー。ほんとにあたしのゆっちはすごいよねー\(≧▽≦)/←どさくさww

こないだの、「せんせいとおやすみ」でも、どこらへんからこういう眠たげな声になってるのか、に集中して聞いてみたけど、やっぱりわからない(笑)あたしら、アレかね?ゆっちの声と演技の素晴らしさに脳波やられてわかんなくなっちゃってるんだろうか?ああでもそれもありうる気がする!!!

そのうち出るはずの(笑)、添い寝CDでも聞き返しとかもう絶対やめてほしいなぁ!そして早く出してくれー!

No title

みなさまおっしゃってますが、私も最後のトラックとフリトが不満でした。
最後から二番目のプロポーズのくだりにはきゅんときました。
でも、ゆっちーの浮気(不倫?)トークがすごく聞きたかったです。。。。

でもでも、クリスマスから何度も聴いちゃってます。
だって、クリスマスプレゼントなんですもの(笑)

買って良かった

殴られたあたりから私も置いてかれました。
?で頭をいっぱいにして3回続けて聴きました。
ともあれ、
音楽がセリフの後ろに流れないって嬉しいな。
というのと、おっしゃるとおり、いつの間にか優しい声になってる、
ゆっちーの演技を堪能致しました。
母親や真壁と組んでる人を声で出してたら、もう少し話の展開が分かり易かったのでしょうか?
でも、違うジャンルになりますね。

mariaさま

まーでも、聞き返しがあるくらいならこれくらいの方がよっぽどいいですわー(笑)確かにぶっとびい展開だとは思うけど、(ほぼ)一人で話を進めるんだし、これくらいは致しかたないでしょうね。BGMもなかったし、ほんっとに演技に集中して堪能できましたしねー。
今までに、語り系でもこれは!!という素晴らしい脚本もあったので、これからも精進してほしいですもんです!

たまさま

ひーーーーーーーーーーーーさしぶり!!
元気にしてはったん?みさきっちゅさんはツイッターでよくお見かけするんだけど(笑)

13トラック、なるほど、そういう解釈もあるか!自分でトラック入れ替えて、13トラックを一番最初にもってきたら、違和感なく聞けるかもですね!ああいうことがあって、そして、“私”と出会って、12トラックで終了!うーん、なんかすごいそれが正しい気がしてきました!!(笑)

はるこさま

フリートークね!
あたし、浮気トークももちろん聞きたかったけど、それ以上に、ここの会社の社員をコキおろして、「まぁ近々潰れると・・・」みたいな、倒産トークが絶対あると思ってたのに!!!(≧▽≦)ノ彡 バンバン!!!だって、ここの社員ひどくない?何度もデータをぶっ飛ばす派遣社員に、電話もまともにとれない正社員旭日(笑)もういつ潰れてもおかしくないと思うんだけど!
そして、それを僕が一人で引っ張ってるという・・という、自分大好きトークに繋がってたはずなんです!!!!(≧▽≦)ノ彡 バンバン!!!
あー、聞きたかったー。

りかさま

BGMって難しいよねー。このBGMは・・・!!!みたいな最高にピッタリのBGMもあれば、これいらんてーっていうのもあるしねー。
そして、声の変化はほんとに素晴らしかったですね。ほんとに自然に変わっていってましたもんねー。

>母親や真壁と組んでる人を声で出してたら、もう少し話の展開が分かり易かったのでしょうか?
>でも、違うジャンルになりますね。
確かに(笑)まぁそれはそれで面白そうですがwwww

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。