FC2ブログ

レオパード白書2 Dear+5月号付録

えー。これ本編というか、
付録じゃなくて、ちゃんと販売された方のレビューをまだ書いてないんですけど
でもどうしても書きたいワケがあるのだ!

Dear+ (ディアプラス) 2012年 05月号 [雑誌]Dear+ (ディアプラス) 2012年 05月号 [雑誌]
(2012/04/14)
付録CDにゆっちー

商品詳細を見る



ちゃんとしたレビューはまたそのうち書くとして、
本編CDでは、たっつん演じる周防燐花がゆっちー演じる薬師寺先生に
うーん・・・まぁああいう感じで終わったわけですが(笑)
(いやレビューも書いてないのにネタバレになったら悪いかと思って)


で、今回は、燐花が先輩のデートに乗っかって、
薬師寺先生をクルージングデートに行くところから話は始まります。



ですが・・・(笑


「・・・ぃやだっ!ここから動かない!!
 だって動いたら沈むからぁぁあああ!!!」

「沈まねぇって、こんな大きな船!
 あんた理系教師だからわかるだろ!」

「いーや沈む!!
 なんかわからんが絶対沈む!
 バミューダ三角地帯ぃぃぃいいいい!!!」

どした?
どしたの?薬師寺先生!
「いやだからここは八丈島!」
「ばみゅうださんかくちたいぃぃぃいいいい!!!」
ちょ、あのかわいいんですけど。
なんなの、本編のあのなんてゆーかかっこいい薬師寺先生はどこへ?
これねー、これ絶対ひらがな発音だったよwww
うーん、さすがゆっちー(≧▽≦)
つか、バミューダトライアングル調べたがなwww
さすが先生、博識ですわね!


けど、私たちの気持ちとは裏腹に
燐花はバカなので(笑)
いや、頭はいいんだけど、薬師寺先生にだけバカになっちゃうって意味ねw
「俺が守ってやんねぇと!」
とか思ってます。
なんだよ、あんたらかわいすぎんだろーがよー。
夕陽がきれいだとかって誘って見るんだけど
「うぅぅぅぅううううううううっっっっっ」
って、あんたは手負いのネコか!(≧▽≦)ノ彡 バンバン!!!

そりゃー、燐花でなくても
「かーわいーなぁー!キスしたぁい!」
って思うわ!
でも燐花がそばにいるからか段々落ち着いて、
「あれ?今何時?」←何事もなかったように
「今?5時だけど。」
「なーにやってんだ、てめぇ。
 さっさとしねぇと夕陽が沈むだろ!」
←脅した

「ついてけねー!∑(゚∇゚|||)」
あ・た・し・も!(≧▽≦)ノ彡 バンバン!!!
この夕陽を先生に見せたかったのだと燐花が言えば、
「周防、てめぇ・・・どういうつもりだ。
 こんなキレイな夕陽見たことないに決まってるだろう。」

―夕陽にうっとりキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!― ←燐花の心の声ねw

本編で語られてることなのですが、
薬師寺先生ってのは、ほんとになんというかオトメチックなことが大好きで
今回も、キレイな夕陽を見てムードたっぷりなところで・・・

「そう!これが俺の作戦!
 オトメな薬師寺先生に絶景の夕陽を見せて告白のターン!
 脱!セフレ扱い!
 祝!恋人せ・ん・げ・ん!!
 おめでとう俺!おめでとう!!!!」

てなことを企んでいたそうなのです。
いやもー、ここんとこのたっつんがグイグイくるくる!
気持ち良さそうだもの。
多分ドルイット子爵を演じた時と
同じ種類の【悦】を感じてらっしゃるんじゃないかと推察しますが
おかかですか!!!!!!
いや、いかがですか!!!!!


お、おかしいな。
たった6分強の話になんでこんな時間かかってんだ。
こんだけ書いてまだ半分だぞ?
→あたしがそこかしこで萌え滾ってるからです


というわけで、ロマンチックな夕陽を見た二人が
その後どうなったかは、是非ご自分の耳でお確かめくださーい!

てへっ(≧▽≦)←悪魔




フリートーク!!
本編6分強だけど、ほぼ倍ほどあるフリートーク!

あたしはここを書きたかったんだだんだんッッ!


この付録CDは、本編収録と同じ日に録らはったようで
衆人環視の中、フリートークも収録しているようです。

「これ声も入っていいんじゃないかなって思うくらいなんですけど。」
「声が入っちゃう、声が入っちゃうと色々こう、大人的にねっ」
「コレ的な感じのぉ・・・」
「そう・・・、(ちっ)手を出すな!」

ゆっちが舌打ちしたー!(≧▽≦)ノ彡 バンバン!!!
これ、舌打ちだよねぇ?
あのー、ジャイアントのミヌは、
お国柄すごい舌打ちが多かったし
それまでも演技では何度か聞いたことあるけど
フリトとかでやるの初めて聞いた気がする(笑)

文字表記上、書きにくかったので
カッコで“ちっ”と書きましたが
ち、ではない(笑)
じゃあなんだっていうと困るんだけど(だから“ちっ”って書いたんだけど)
うーん・・・でも舌打ち。

聞いたらわかるからー!!!←投げた

で、だ。
それをごまかすように衆人環視の衆人の話をしてるんですが・・・
「色々いますよ。ゆみことかね。
 ゆみことかレイナとか」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ん?



ゆみ子とかね。
 ゆみ子とかレイナとか」

ははははははははいぃぃぃぃいいいいいい???
今いまイマ今!
今、ゆっちが“ゆみ子”っつった!!!!
2回も!!!!∑(゚∇゚|||)

ひーーー!
なにこのサプライズ!!!!←違います

や、もうその後ちーっとも耳に入んないよ。
てか、どんだけピンポイントでリピしたことか!

そりゃするよ!ね!



はー。死ぬほど聞いてちょっとだけ気が済んだから続き。

(たっつんはレポパードの1巻でも出てたので)
「原作本読んだら、2巻は燐花編だ。
 ヤバい教師が相手だ、みたいなことが書いてあって・・・」

「ヤバい教師ってオレのこと?」
今度はオレって言った!∑(゚∇゚|||)
なに?なんなの、この俺得CDは一体どうしたこと!!!
てゆーか、この言い方めっちゃかわうーーい!\(≧▽≦)/

も、オレだしゆみこだしかわいいしもうもうもう。
(じぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃいいいいいん)



そして、なんだっけ←おい
いつもは、後ろの方でふっふっふって笑ってる役が多いのに
今回はすごい疲れて、どれくらい疲れたかというと
某お父さんがうあたら強いアニメより疲れたとか
(何のアニメだ?たっつんは知ってる感じだったけどさっぱりわかんない)
(レオパでは)初登場なのでたっつんにおまかせーとか
お酒とタバコは二十歳を超えてからいう話をして
その後。
「色んなキャラがいますけど、お気に入りのキャラクターっています?」
「お気に入り?・・・あのー、俺とりあえず、山本さんの演ってらっしゃった・・・」
「それあのー、な、あの、 ←困ってるww
 演ってた人の名前を出すな!(≧▽≦)」

なんかね、その山本さんが兼ね役で
何人かの女性の声を担当されたそうなんだけど、
「ほぼ全員に口説かれたんですよ!」
「ほぉ。・・・ゆみ子?」
「ゆみ子。ゆみ子とー」
「ゆみ子は口説かれてないじゃない。
 ゆみ子は杏仁豆腐って言ってただけじゃないw」
「あ、ゆみ子は杏仁豆腐でしたね。
 ゆみ子は杏仁豆腐・・・
 なに言ってるかわかんないと思うんですよ、皆さん。」


さっぱりわかんねぇ!
でもいい!
ゆっちが全部で5回も“ゆみ子”って言ってくれたから!
もうそれだけで大・満・足!


えー、ここで半分くらいだけど
あたしはもうここまででいい!(≧▽≦)



ゆっち、ありがとー!
 大好きー\(≧▽≦)/

全然意図してないけどそんなこともどうでもいいんだ!






と、これだけでは読んで頂いてるみなさんに申し訳ないので
最後に1つ、レオパードうんちく。

このフリートークの中で
レオパードってのはホストクラブなわけですが、
燐花がこうで、今日(クルージングデートね)一緒だった
燐花の先輩ホストである綾さんも
彼氏に夢中でホストとしては使いもんにならんくて、
ゆっちが売り上げ大丈夫なのか?と心配してるんですけど、
ほんっとになんか色々潰したい人だなww
あの多分潰れないか心配してるんじゃなくて
潰れたら面白いのにねっ☆ってノリだと思うのよ。
あ、いや、それはともかくですね、
まぁそういう心配をしてらっしゃるゆっちーでしたが。。。

2巻の巻末おまけマンガで
原作者の扇せんせーもまったく同じ心配してました!(≧▽≦)


そこらへんわかんなかったら1巻のCDも聞け、と。
(1巻と一緒に)2枚買わす?」
買わすんだって!(≧▽≦)ノ彡 バンバン!!!
ああ恐い。
どんだけさらっとどS思考なのよー!(≧▽≦)ノ彡 バンバン!!!



結論。
ゆっちー、好きっ!\(≧▽≦)/

コメント

No title

え、レオパードの続編ですか!?買わなきゃ!!

本編の薬師寺先生の二面性には、
チビりそうなくらいゾクゾクさせられました~。
遊佐さんは、ヘタれても鬼畜ってもどっちにしても抜群に役をこなされるので、
その両者が1人の人間に共存しちゃうなんて、
なんとも贅沢な作品だと思いながら聴いた覚えがあります。

個人的には、健気薄幸でもちと勝気美人受けの遊佐さんが大好きですけどねぇ♪
花降楼とか、窮鼠とかの。

でも、どうなんでしょう?
燐花とラブラブになった後でも、
あのドスの利いた遊佐ボイス、出てるんですかね??

あ、いや、いいです。
早々にマイ耳で確認しますんで!
聴いた後で、またお邪魔しますね~(^.^)/~~~

ゆうさま

続編というか、番外編って感じですかねー。一応ラブラブになった後って設定だとは思うけど・・・まぁそのあたりの頃の話だと思われますw
もうそろそろ聞かれた頃でしょうかねー。フリトの「ゆみこ」の衝撃が大きすぎて、本編のレビューかなりおろそかになってますけども、本編の薬師寺先生も素晴らしいので是非にー!!

だいっすきな組合せでシアワセでした

ゆみぞうさんは何回くらい、羨ましくもお名前呼ばれてるとこをリピされたのかしら?
と思いつつ…(^。^)
初っぱなからいきなりの
「沈むからぁぁぁぁー」
にヤられました。なんという可愛さ(〃∇〃)
私、どっちが受でも攻でも、ゆっちーとたっつんの組合せが大好きなのです。
私には、とんでもなくシアワセなCDでした(*^ ^*)
そいや燐花なたっつんは「脱、セフレ!」と言ってましたが、
あと少し待ったら発売される「ヒミツの…」では、トモ君なたっつん自ら「セフレ」と言う台詞があるんですよね(笑)
ちょっとおかしーo(^-^)o
と思いながら、発売を心待ちにしてます。
そして「レオパード白書」も続きが出ないかなー…と思ってます。
ではでは、失礼いたしますm(_ _)m

りかさま

んとね、んとね、全部で5回呼ばれたー\(≧▽≦)/
だけど、(当たり前だけど)呼びかけるのではなく、会話の中に出てくるだけなので、5回分全部録音編集したけど、そう使い道はなさそうでした(笑)

たっつん、いいですよねー。今度もたっつんが攻めでゆっちが受けだっけか。まぁその反対でも大変おいしく頂けると思うので是非お願いしたいところです。
たっつんの燐花は、びっくりするほどの低音で、最初違和感があったのですけど、聞いてるうちにまったく気にならなくなって、やっぱたっつんってうまいんだろうなーって思いました。
こういう、上質な役者さんが演じられてる上質な作品をこれからもいっぱい聞きたいですねー。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)