FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルカナ・ファミリア 【小説】恋人たちと運命の輪

アルカナ・ファミリアの小説というのがあったのも
実は知らなかったんだけど、

今回は限定版特典として、
ジョーリィがお当番ということで
私のすっかすかの情報網にも引っかかってきました(笑)

じゃじゃん!
アルカナ・ファミリア~恋人たちと運命の輪~ ミニドラマCD付限定版 (フィリア文庫)アルカナ・ファミリア~恋人たちと運命の輪~ ミニドラマCD付限定版 (フィリア文庫)
(2012/10/27)
渡海 奈穂、HuneX 他

商品詳細を見る


組織のトップであるパーパを助けるため、【運命の輪】の力を使ったフェリチータ。
だが力を使った後、倒れてしまう。
すぐに目覚めたが、様子のおかしい彼女に、動揺するファミリーたち。
フェリチータは力を使うことで、大きな代償を支払っていたのだ。
ノベライズだけのオリジナルエンディング!!
大切な人は私が守る! フェリチータの選択は……?




あああんもう
なんでもっと早く読まなかったの!
あたしのばかばかばかー!°・(ノД`)・°・


・・・っていうくらいはよかった!
このアルカナ小説はこれを含めて4冊出ていて、
私も今回初めて知ったんですが、
どうもジョーリィルートみたいなのー(≧▽≦)

それで残りのも買おうと思ったんだけど
あまぞんでは中古が高騰し、アニメイト通販でもお取り寄せ。
読みたいよー!°・(ノД`)・°・ってついったでぼやいたら
心優しい友人が見てきてあげるーって言ってくれた!

ああ、ありますようにありますように!


で、本文ね。
この【恋人たちと運命の輪】は4冊目にあたりまして、
多分これで打ち止めと思われます。


話としては、ゲームのジョーリィルートとほぼ一緒です。
ですが、パーパを助けるために【運命の輪】を使い
能力の副作用として、記憶を失ってしまった後の
ファミリーのみんな、特にジョーリィの本音というか、
そういうのが、ゲームより更に丁寧に描いてくれてます。


記憶をなくしたフェルを、
エルモとの会話をヒントにジョーリィが自分のアルカナ能力で
記憶を取り戻すに当たって
パーパと話をするところなんてゲームではなかった気がする。

そしてここが超絶鬼萌え!'`ァァ(*´Д`*)'`ァ,、ァ
ゲームの時に気付かなかったのか、
ゲームにはそんなシーンがなかったのか、
(多分後者だと思うけどあたしが気付かないなんて考えたくない!)
ジョーリィがモンドと話す時はもれなく
一人称が「オレ」なの!'`ァ,、ァ(*´Д`*)'`ァ,、ァ

あと、一番嬉しかったのは、
ジョーリィが自分の能力を使ってフェルの記憶を取り戻す方法がある、と
モンドに言った時のモンドの反応。

モンドは、自分がそもそもアルカナと契約し
フェルの記憶喪失も、そもそもはそれが原因だと考えてて、
だから、
アニメみたいに
「お前に頼るつもりはない!
 絶対にお前を許さない!」
とか、モンドがジョーリィに言うなんて
ほんっと考えられないんですよね。

あれはもうほんと、はっきり捏造だと思うわよ。
チビ組二人を主役にしたかったのはわかる。
だから、ゲームでは
フェルの両親とダンテ・ジョーリィ
そしてルカしか知りえなかったフェルの記憶喪失を
ファミリーで共有したのはある程度仕方ないと
無理やり納得させることはまぁできなくはない←かなり不本意

けどさぁ!
だからって、モンドのあの台詞は違うと思うのよね。
ルカがあなたを許しませんっていうのは当然だと思うし
(ゲームでは知り得なかった)パーチェやデビトが
ここぞと怒りを爆発させるのもわかる。
けど、モンドに許さないって言わせる意味ってなんなん?
だいたい、許さないお前の力は借りんって言っておいて、
リベルタやノヴァが
でもジョーリィに頼るしかないからってちょろっと説得したら
誰もが、ジョーリィでさえ、何事もなかったみたいに
アルカナ能力使ってるって、
しかもジョーリィが諦めかけて
リベルタとノバがフェルの記憶に入り込むって
どんだけご都合主義な展開よ!!!!!
記憶を探ってるとき、
フェルがいばらに巻き取られてて、
それをジョーリィとモンドがぶっちぎっていくんだけど、
なんだよ、触手プレイかよって思っちゃったよ(笑)
もう、あの後半のアニメはもう・・・。

脚本書いた人ってゲームやってないんじゃないかなぁ。
や、ノヴァとリベルタルートくらいはやったかもしれないけど
多分それだけなんじゃないかなぁと。
ジョーリィはもちろん、
他の誰もやってない気がする。
やったらあの脚本はないよねー。
つーか、薄桜鬼にしたって、
主役以外のキャラを雑に扱いすぎなのよ!!!!
っていうか、そもそもオトメゲーをアニメにってのが無理があるのよね。


そして小説ですよ!←気が済んだ
小説中で、ゲームでは描かれていた
ジョーリィの過去編というか、モンドとの出会いも描かれてるんですけど
これがもーーーーよかった!!!
ほんっとにすっごいよくて読みながらぼろぼろ泣きましたですよ。

でね、でね、
フェルはそれをモンドの口から聞くんだけども、
「ジョーリィのことならジョーリィの言葉で聞きたい」
ってまっすぐ言うんですよね。
ジョーリィはそれをくだらないと一蹴することもなく
フェルの能力で
自分の心を覗いてみろ、といいます。
そして、ジョーリィにとってモンドが「世界」そのものであると理解し、
そして自分もまたジョーリィにとっての
そんな存在になりたいと願うようになるのです。
モンドがそうであるように、
自分もジョーリィにとっての“生きる意味”になりたいと。


はー。ちゅてき。
ちゅてきすぎる。←ボキャボラリーなさすぎ

で。
ジョーリィ「私も望みを叶えるため、そしてもう一つの特典のため
      明日は全力を尽くすとしよう。」
フェル  「もうひとつの特典?」
ジョーリィ「おやおや忘れたのかな?
      デュエロの勝者は君という花嫁を手にすることができる」
フェル  「他の誰にも君を奪わせはしない。君、自身にも。」


ど!どっすか、この会話!!
ああもうこれCDにしてくれ。



そしてデュエロが終わり、
フェルはその戦いの中でも
ジョーリィを知り、そして成長していきます。
そして勝者は――。


それはもう読んで確かめて頂かないと!



ラストシーンもほんとに良かったです。
では最後に、私がはげ萌えた
ラストシーンのジョーリィの台詞を。


「ひとつ、ためになる言葉を教えておいてあげよう。
  ・・・大義名分、という言葉を覚えておくんだな。」


さ!さぁ、この「・・・」の意味は!
そしてさらち先生のイラストはぁぁぁぁああああ!!!!





ああもうこれほんと読んでほしいなぁ。
さっきも書いたけど、
なんとかこれをCDにしてくれないかしら。
てゆーか、
なんでこれをED4として遣ってくれなかったのか。
(や、まぁゲームの後に書かれたんだろうけどさー)

やー、これ聞きたい。ちょー聞きたいわぁ。





思ったよりかなり長くなったので、
付属CDの感想は次回にー♪


買うならお早めに!
これを読んで今までの三冊も読みたいと思ったけど
すっごい入手困難になってるからー!(笑)

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

この4冊目、私も買って、ツイッターでのお話を参考にして
この前の3冊を買う手配をして現在にいたります・・・
全部揃ったら読みます!!
そしたらきっと、アニメでの不満が帳消しになりそうですね☆
アニメイトのネットで頼んだのですがもう数日経過。
早く来ないかしらん♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012-11-05 16:11 にコメント下さった方へ

どこかで会ってるかもってどこでー!∑(゚∇゚|||)コメント検索したんですけど、お名前が見当たらなくて、まさかリアルで知り合いの方ではないですよね?はードキドキ。

3巻の海に行くシーンはよかったですねー。私もこの記事を書いてから残りの3巻をゲットして読んだんですけど、ゲームの内容でもCDの内容でも、改めて新鮮なドキドキがありましたが、小説が初出のエピソードはやっぱりねー。なんというか、ジョーリィの内面をまた新しくを知った気分になるというか。
アニメは、以前このブログにも書きましたが、アニメ雑誌のスタッフさんの座談会で、後半のジョーリィの活躍に乞うご期待!みたいなことが書いてあったんで、やっぱり期待してたんですけど、ほんとにあれは残念だった。ていうか、それ本編と違うやん!!!ってやっぱりそこにいくんだけど(笑)
なので、ほんとにアニメの後にこれを読めたのはほんとに嬉しかったですねー。また新作出るらしいけど、それもジョーリィルートのノベライズ読みたいと思いました。

はるこさま

もうそろそろ現物は届きましたでしょうか?
アニメイトは取り寄せになってましたもんねー。
ああ早く読んで頂いて一緒に語り合いとうございますー♪また読まれたら是非ご一報を!

2012-11-06 21:43 にコメント下さった方へ

初めましてー!ようこそいらっしゃいませー!\(≧▽≦)/

そして、全4巻お買い上げありがとうございまーす!
内容も喜んで頂けたようでよろしゅうございました。

かなり偏ったブログではありますが、これからもきゅんきゅんしたら全力で書きますので、よろしかったらどうぞお付き合い下さいませ。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小説「アルカナ・ファミリア~恋人たちと運命の輪~」感想

あー・・かっこいいわー・・・ほんっとにもー・・・(笑) アルカナ・ファミリア~恋人たちと運命の輪~ ミニドラマCD付限定版 (フィリア文庫) そんな訳で、小説版アルカナ・ファミリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。