スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甘い夜を声で奏でるCD 「夜伽HoLiC」 第一奏 ミカヅキ

・・・ふと聞いてしまいました。
そしたら
すんごいよかったんですぅぅぅううう!!!

夜伽


誰にも言えない夜がある。






「おや、寝付けませんか?」
あなたの夜を甘く彩ってくれる彼────。
かつて高貴な身分の女性を相手に夜を教えたと言われる由緒正しき一族。
美しき夜の月の名を受け継ぐ、夜伽(ヨトギ)家の一〇七代目の当主達。

これはふとしたきっかけで、彼らが暮らす館を訪れたあなたと彼の物語。

世間には決して明かされない、彼らの「お役目」
そのヴェールに包まれた、夜を奏でる術とは?
誰にも、言えない、
誰にも、教えられない、
甘い夜想曲(ノクターン)。
最初はギター
でも短い!!!
1分半もないから!!


そして・・・
「もしもーし。朝になりましたよ。そろそろ起きませんか?」

こっれがねぇ・・・
すんごいイイ声だったのよー。
ほんとに油断して聞いていたので
「う・・・・・・っひゃぃぃぃやぁぁぁあああーーーー!」
みたいな感じだった(笑)

このシリーズは2作しか聞いてないので
よくわかってないんだけども、
107代続く由緒ある家柄だけど普通に高校に通ってる。
そして「私」はミカヅキさんと同じ高校に通う後輩のようです。


これねー。まず前野くんの声がイイ。
とりあえず声がいいです。
尋常じゃなく色っぽいです。
あのー、カミュの歌の語尾とかね、
色っぽいなぁと思ったことは今までもあるんだけど、
そういうのとは異なるというか、
尋常じゃなく色っぽいです、はい!
53分44秒常に色っぽいです!!!

このシリーズを全部聞いたわけではないので
詳しいことを実はよくわかってないんだけど、
この『夜伽家』という家の6つ子ちゃんたちは
眠れない女の子たちを眠らせるのが『お役目』で
そのお役目を通じて、クライアントと恋をするようです。
まぁこう書くとお手軽ちゃーん♪って感じなんだけど、
前野くんの声以外に特筆したいのは
脚本にストレスがない!ということ。

まぁRejetもこんだけ乙女向けをシリーズで出してりゃ
そりゃ学習するわなーって気もするけど
(そしていやもうちょっとさぁもあるにはあるけど!)
(癒しのギター1分半とか!)

お約束の聞き返しもなくて
多分1度もなくて、
例えば、恋人になった時に
「私」がミガヅキさんの隣で熟睡してて・・・

「油断、しすぎじゃねーの?」
(衣擦れの音)
「・・・ん?・・・っ・・・ぁ・・・ぁああ・・
 (少し間があって)
 ・・・そういうこと、さらっと言っちゃうの、・・・反則だと思う。」

それで、その後に
「そう、反則。いや、謝んなくていいんだけどさ。
 そりゃあ俺だって、安心するなんて言われたら嬉しいよ?」


・・・みたいな感じ。間違っても
「え?俺と一緒にいると安心するの?」
みたいに「私」の台詞をそっくりキレイに言い直したりしないの!!
これは思ってた以上にいいです。
今まで1つもないのはなかった気がするからわかんなかったけど
いやー、いちいち、ん?ってひっかからない!

このシリーズ、
一番最初のトラックが、恋人になってからのお話で、
2トラック目からが最初の出会い以降になっております。

でもど初っ端に
恋人同士になったどエロい声が来るので
正直それで引き込まれます。
話としては、最初に聞いた時
1トラック目で「んぎゃーー!」ってなって
2トラック目で「はじめましてー」みたいなことなので、
すぐに飲み込めなかったけれど、
わかって聞くと問題ないというか、これも全然アリアリです。


そだなー。後はちょっと特に「きぃぃぃやぁぁぁあああーーーー!」
ってなったセリフを少しご紹介します。


ミカヅキさんと一緒で爆睡できた「私」に彼はご立腹です♡
「いっこわかってほしいのは、ここが俺の部屋だってことね。
 ・・・・・・昨日ここでしたこと、忘れたわけじゃないだろ?

最後ちょーちょーウィスパーですから!!!



あーダメだな。これやっぱ聞いてもらわないとだわ。
セリフを文字にすると割となんていうか、
こういうCDでありがちなかんじなので。
是非是非ご一聴頂きたい。


では最後にミカヅキぱいせんの会心の一撃を。

「今夜は、今までで一番優しくしてやるよ。
 もちろん・・・ベッドの上で。

 ・・・好きだよ・・・」






よっし!まえぬBLもがんばろう!囁け!!!






あとねあとね、夜伽というだけあって、
めっちゃ寝られるーーー!

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。